--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-04-02(Mon)

独奏

最近は、レッスンで独奏の練習をしているのですが、いい曲が多いですね。

フランツのノクターンとか、サンサーンスの演奏会用小品など。


まぁ、まさか吹くことが出来る、吹けるようになる、なんて夢にも思ってませんでした。

中高って下手を絵に描いたようなホルン奏者でしたから。
いまも、まぁ、そんなんでも無いだろうけど、あのときよりかはまし。

中高、とくに高校時代の仲間が聞いたら驚くだろうなぁ。


と、思いつついま書いてます。


今になって思うと、何であれで満足していたのだろう、と。
もちろん、本当にいい音、ホルンの音を知らなかったのはあるけども。

いや、知ってはいたけど、自分には無理ってはなっからあきらめていたのが問題か。


思えば2006年度、浜離宮朝日できいたホルンコンチェルト、その出待ちをして、ソリストのズヴァールト氏に、つたない英語でアドバイスをもらったなぁ。

今になってその意味がよくわかる。息を吐き出す機械になれ、エアマシーン。常に一定の息を出すんだ。ってね。
おなかは吐くとき最後にへこんでしまうのは仕方ないけど、吸うときはおなかを膨らませないように吸うといっぱい吸えるとか。
意識はして無いけど、おなかはそうなってるし。エアマシーンはすっごい意識してる。


続報
判明いたしました。

2007年2月24日浜離宮朝日音楽ホール で聞いた、オーケストラリベラクラシカのハイドンのホルン協奏曲です。
ソロはトゥーニス・ファン・デァ・ズヴァールト氏で、ナチュナルホルンでの演奏でした。
あまりのすごさに圧倒されっぱなし・・・。いい経験でした。また聞きたいな^ω^
スポンサーサイト

theme : 今日のつぶやき。
genre : 日記

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

リンク
いつもお世話になっているサイトの方々です


ブログ検索
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。