--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-11-16(Wed)

NISSAN リーフ インプレッション!!

今話題の電気自動車、NISSANリーフに試乗してきました。大学は自主休校です!!
インプレッション記事もですます調は使いません。


さて、正直、公道を走るゴーカートだろう。位の認識だった。電子情報で電気自動車を作りたいという願望があるから、乗っておかねばならないな。と思っていたくらいの動機だったのだ。
そこそこ興味はあったのだが、108馬力というスペックと1500kg越えと言うヘビー級。あまり面白くは無いだろうと思っていた。

しかし、結論から言うと大きく裏切られることになったのだが。

<外観>
日産横浜ギャラリーや公道でたまにおめかけしていたリーフだが、実際、公道で見るとコンパクト。デビュー当時、ティーダに似たイメージを持っていたが、まじまじと見るとぜんぜん違う。特にリアライトののコンビネーションはすばらしいしつかんだと思う。しかし、マフラーが無いこと以外、特に変わった点はない。普通の車だった。

<内装>
外観もマフラー以外普通の車であったが、乗ってしまえばますます普通の車。車の大きさの割に内装は広い。高さがあり開放感がある。シートのかけ心地も良好。この辺は日産車らしい。ピアノブラックのアクセントはいい質感を出していたが、ダッシュボードなどややプラスティック感が強かったのが残念。

<収納>
ある一点を除けば、いたって普通の車。その一転とは、リアのトランクスペース。配管が無いおかげで、下ぎりぎりまで使える。つまり縦に広い。そして、配管によるデザインの制限を受けないため、やや広めにも取ってある。同格エンジン車より要するに広い。

<乗ってみて>
エンジン。。。ではなく、添乗員様のレクチャーに従って電源をオン。ぽぽぽぽんという起動サウンドに続いてエアコンやオーディオが起動。しかし、それくらいの変化しかない。
ギアをDに入れていざスタート。
静か。
クリープも力強い。公道に出て、まずは街中。アクセルを踏んだらその分だけパワーが出るのでものすごい扱いやすい。広い道に出たので加速をさせると、非常にスムーズで力強い加速。なるほど290Nmのトルクはすごい。それも発進からだすのだから。
中間加速も、同じようにスムーズ。
ただし、ブレーキがやや鈍い。スムーズなブレーキの利きなのだからカックンブレーキにはなりえないけど、少しつんのめる場面も。ここには1.5tの車重を感じた。ただ、これは回生ブレーキというなれないシステムが介しているからかもしれない。そういうものだと思えば違和感は無い。

視界も良好で、車の大きさはつかみやすい。

また、サスペンションもよく出来ていて、乗り心地は実にフラット。疲れづらそうな感覚。パワステは軽め。


またコーナリングでの接地感がつよいし、ハンドルを切るとノーズがスーッと曲がっていく感じ。これはフロントがかなり軽いから。車重のほとんどはバッテリー。そのバッテリーを車の重心下部においている故だろう。MRやRRののそれと思えるくらい。


<総論>
操作に対してよく反応してくれる、実に快適な車。そして、何より運転していて楽しみがある。航行可能距離は大体140kmくらいとちょっと少なめだが、近所の買い物やちょっとしたお出かけには困らない。
ガソリン代よりもずっと安い電気代だから維持費も軽めの負担ですむ。
400万弱というプライスだが、意外とお買い得かもしれない。車で遠方によく行くという人にはちょっと不向きかもしれないが、インフラの整備が進めば遠出も可能になるかもしれない。
今後の展開が気になるところだ。

またバランスのよさや、アクセル操作にリニアに反応するモータは意外とスポーツカー向きかも。バリエーションにも期待していきたい。
今度開催される、東京モーターショーでは白金を使用しない「液体燃料電池」が出品されるとか。期待は膨らむ一方である。
スポンサーサイト

theme : 大学生日記
genre : 日記

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

リンク
いつもお世話になっているサイトの方々です


ブログ検索
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。