--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-09-05(Wed)

しょこたん語の標準語かは可能か-第三回「耳に残る言い回し」

 前回は、しょこたん語で新しい意味が付加された言葉の一例を挙げた。今はまだ、一部しか確認出来ていないため、また研究が進み次第、改めて語りたいと思う。

 今回、耳に残る言い回しについて見てみよう。

 しょこたんブログを声に出して呼んで見るとわかるが、初めて読むと非常に読みづらい。しかし、読むとなぜか頭の中に残る。なぜであろうか。

ここである、独特の使い方を見てみよう。しょこたんブログ内で愛猫について記載されているところなどではwの連続で使われている。これでは、もはや、w(ダブリュー)の意味は持たず、記号であろう。

wwwwwwwwwwwwwwwwwwのようなかんじだ。

しかし、しょこたん語(に限らず、ネット用語とも言えるが)「w」は総じて「笑」の意味であり、これだけで楽しいときやうれしいときの「笑う」という動作を目で見て、創造できる。しかし、このような使い方をするのは、しょこたん語独特なものだろう。

つまり、これは「」や。、と言った記号であり、音読する際には「ウィ」と発音する必要は無い。

next→9/6予定 第四回「耳に残る言い回し2」
スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

リンク
いつもお世話になっているサイトの方々です


ブログ検索
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。