--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-07-01(Mon)

ばさっと!!

いきまっせwww

マジで!!


ず~っと欝っぽい感じで悩んでて
このブログの更新も止めていたけど、

素晴らしく吹っ切れた気がします。



http://ameblo.jp/keirin1229/entry-11564077350.html
↑New

みんなが使用しているアメブロを使ってみたくて。



気が向いたらこっちは消します。
応援してくださった方、ありがとうございました!!
スポンサーサイト
2012-10-27(Sat)

なんかいろいろと

忙しい日が続いております

すべては突然、就活をはじめたからか


まぁ、今回は業種を絞りに絞ってるし、大学院も視野に入れながら

出来ることなら1000人に4人のうちの一人になりたいけど。


ノシ

theme : 大学生日記
genre : 日記

2012-07-09(Mon)

自分のホルンをめぐる考察

某激務業界を目指して就活中のけい燐です。ごぶさたです。

さて、レッスンを始めて早いことにもう1年と一ヶ月たちました。
ちょっとここいらで、ホルンについて振り返り。

はじめたのは中学1年。フルート志望だったけど、そのときにはフルートは募集1名だったこと、経験者がいたこと、楽器体験でホルン以外の音が出なかったことで、ホルンへ。
半年後、今のマッピである29D4に出会う。そのちょっと後に今の愛器YHR-87と出会う。ただ、ここで29D4を選んだのが苦悩の始まり……

何度もやめたけど苦笑、結局半年以内に戻ってきて笑なんだかんだ続けて、大学オケへ。
さんざん、音が細いのなんの言われて、でもそんなのわかんないから散々悩んで。ここまで、たいした進歩は一切ありませんでした。ほんとに。

この答えが出たのが、今の先生についてから。月2で最高の音色を聞けるのも大きかったし。
この前に、マッピを一時期JKのMモデルへ。これがきっかけでこつをつかんだ感もある。

で、そんなこんなで、レッスン始めて1年弱。たまたま気分で吹いた29D4のほうがいい音色が出る、でも、吹き易さはJK、ってことで、悩み2~3ヶ月ふらふらしたけど、29D4に移行。

この29D4、どう考えても初心者向きじゃない苦笑 レッスンを受けて結構たったいまでも、ちょっとした力の入り具合や緊張であっという間に、始めたばかりのころの音に。調子のバロメータにしては劇的過ぎ感。

今使ってる、YHR87、ずっと、楽器の抵抗感が無くて対話が出来ないな~なんて思ってて、そういう楽器なのかなって思ってたけど、実は違うということが今日判明。とにかく力が抜けて自然体となったとき、抵抗感と反応が返ってきました。

よく、レーシングドライバーはタイヤの接地点が足の裏のように感じるとか、テニスプレイヤーが、ラケットが腕の延長に感じているなんて話を耳にするけど、楽器が声帯のようとはこのことなのかなと。

S立先生に言われた、楽器が目になるというのがこういうことなのかな。

どちらにせよ、いまの87に新しい魅力があることを発見できたから、かれこれ10年来の付き合いになろうとしている29D4とYHR87、そろそろ世代交代かななんて思ってたけど、まだまだ行きそうです。

theme : 大学生日記
genre : 日記

2012-05-01(Tue)

いやはや

とたんに暑くなりましたね。

ボクのほうも、春休みから一転、レポート地獄に追われています。

そして夏期特別実験とやらの日程にもおびえています。よもや土日にやるとは思えないけど、、、、定演にかぶるし、また、8月なら、クインテット合宿にもかぶるので、なーんにも予定が立てられません。


このGW中はつんでるプラモデルの消化に当てたいと思います。しかし、模型は一週間にしてならず、完成はいつになることやら。

とりあえず、F355は完成させたいですね。

最近、ランボルギーニに乗ってみたくてたまりません。ほんとに。

フェラーリもいいですけどね。

theme : 今日のつぶやき。
genre : 日記

2012-04-02(Mon)

独奏

最近は、レッスンで独奏の練習をしているのですが、いい曲が多いですね。

フランツのノクターンとか、サンサーンスの演奏会用小品など。


まぁ、まさか吹くことが出来る、吹けるようになる、なんて夢にも思ってませんでした。

中高って下手を絵に描いたようなホルン奏者でしたから。
いまも、まぁ、そんなんでも無いだろうけど、あのときよりかはまし。

中高、とくに高校時代の仲間が聞いたら驚くだろうなぁ。


と、思いつついま書いてます。


今になって思うと、何であれで満足していたのだろう、と。
もちろん、本当にいい音、ホルンの音を知らなかったのはあるけども。

いや、知ってはいたけど、自分には無理ってはなっからあきらめていたのが問題か。


思えば2006年度、浜離宮朝日できいたホルンコンチェルト、その出待ちをして、ソリストのズヴァールト氏に、つたない英語でアドバイスをもらったなぁ。

今になってその意味がよくわかる。息を吐き出す機械になれ、エアマシーン。常に一定の息を出すんだ。ってね。
おなかは吐くとき最後にへこんでしまうのは仕方ないけど、吸うときはおなかを膨らませないように吸うといっぱい吸えるとか。
意識はして無いけど、おなかはそうなってるし。エアマシーンはすっごい意識してる。


続報
判明いたしました。

2007年2月24日浜離宮朝日音楽ホール で聞いた、オーケストラリベラクラシカのハイドンのホルン協奏曲です。
ソロはトゥーニス・ファン・デァ・ズヴァールト氏で、ナチュナルホルンでの演奏でした。
あまりのすごさに圧倒されっぱなし・・・。いい経験でした。また聞きたいな^ω^

theme : 今日のつぶやき。
genre : 日記

リンク
いつもお世話になっているサイトの方々です


ブログ検索
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。